mail.jpg


クレジットカードの基礎知識


英語で”credit”は、”信頼黒ハート信用”という意味です。


クレジットカードのクレジットとはまさにこの信用のことで、本来は利用者の信用に基づいた信用供与を意味しています。


01-diners.gif 02-jcb.gif 03-dc.gif 04-visa.gif 07-amex.gif 05_ufj.gif 06-uc.gif



この信用を基に、利用者とカード会社の間に契約が結ばれ、
買物カバンや食事レストランができるようになっています。


つまり、私たちが商品を販売者から購入する時に、
商品代金の支払いをクレジット会社に一時立て替えてもらい、
その立て替え金をクレジット会社に対して後払い(返済)するシステムなのです。





これは私たちとクレジットカード会社の間に「信用」があることが前提であり、
その信用は一にも二にも、滞りのない返済実績に基づきます。


以下は商品購入から支払いまでの流れです。

(1) 商品・サービスの購入
(2) カード提示・売上票にサイン(もしくは端末機へ暗証番号を入力)
(3) 店舗よりカード会社へ売上票送付(売上データ伝送)
(4) カード会社より店舗へ売上代金支払
(5) カード会社より利用者へ利用代金明細書送付
(6) 利用者からカード会社へ利用代金支払
※利用代金の支払いは、あらかじめ届け出ている金融機関の決済口座から自動引き落としされます。


返済が滞り信用が無くなれば、カードの利用を止められる可能性があります。
そうならないためにも、返済は遅れないように、計画的にカードを利用する心構えが大切です。


ところで、クレジットカードが身分証明書になる場合があります。


特に海外において、例えばホテルの予約やチェックイン時に、
またレンタカーを借りる時などに、本人であることを証明するするために
クレジットカードの提示を求められることがあります。
これは、その人の信用度、支払能力をチェックする目的があるのです。


カードの取得には、基本的にその人が支払能力があるかどうか、
信用に足る人かどうかの審査があります。
この審査に通ったことを証明するのがクレジットカードなので、
カードを提示することで信用を保証できるのです。


海外に出かける機会がある方には必携です。
ならば、航空会社のマイレージが貯められるタイプのクレジットカードは、とてもリーズナブルといえましょう。


また、ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能がついています。
これがくせもので、クレジットと同じ感覚で使いがちですが、
キャッシングの利息は、消費者金融並といっていいでしょう。
請求時にたまげることが無いよう、余程のことが無い限り使わない、
あるいは、最初から、キャッシングできないように申請しておくのが無難です。


インターネットでの買い物などを頻繁に行う人にとって、
クレジットカードは今や無くてはならないものとなっています。


また、多くのクレジットカード会社がユーザーへのサービスとして、
さまざまな特典を付与しています。
この特典により、より豊かな生活を送ることも可能です。

私のように、毎年貯めたマイレージで海外旅行を楽しむこともできちゃいます。


ますますクレジットカードが必需品となっていく時代の中で、
私たちは、自分たちのライフスタイルに会うカードを選別していく
目を養うことも必要ですね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年会費無料のクレジットカード
Excerpt: こんな方にお勧めです烈 裂 何種類もカードを持っていて、整理したい人 裂 初めてクレジットカードを作りたい人 &#639..
Weblog: 年会費無料のクレジットカードを選ぼう!
Tracked: 2006-11-19 13:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。